個人での取引について

ネットオークションを利用しよう

車を売るにもネットオークションを利用することができます。
オークションですので、自分で愛車の値段を決めることができるのが面白いところです。また車マニアが見ている可能性が高いので、少々マニアックなものでも売り手がつくことがあります。

厄介といえば厄介なのが、最終的には見知らぬ個人との売買になるのでトラブルも頻発することです。引き渡しや名義変更など、自分と赤の他人で行うことになるので、相当注意深く行わないといけないものです。
契約に関しても勉強しておかないと不安ですね。
買う方も売る方もリスクは高くなるとみて間違いないです。

何度か行ったことがあり、慣れていればネットオークションを使って自由に愛車を売ることも楽しみながらできるでしょう。

個人間売買を行う

ネットオークションに似ているところがありますが、愛車を個人で売買することも可能です。
この場合、知人同士で売り買いするというケースが多いようです。
ネットの赤の他人よりは、信頼できる知人ならば安心できる点はありますね。
個人間売買も、自分で売値をつけることができるので、愛車に見合う値段をつけて売却することも可能でしょう。
個人間取引は余計な経費が発生しないというのもいいところです。
メリットしかないように見えますが、売値で買ってくれるかは知人次第なのは当然ですが、トラブルも多い売り方ではあります。
信頼できる知人であったはずが、車の売買を通して信頼関係が崩れてしまったというケースもあります。

お金や契約がからむと人間はシビアになります。
個人売買も、十分に学んでから検討するようにしましょう。