愛車を売るためにはどうしたらいいか

ディーラーで下取り価格を知っておこう

車を売るにはまずはディーラーに相談だろう、というのが一般的ですね。
一番手間のかからない方法でもあります。
時間かけずにすみ、楽ちんというメリットは大きなものです。
また安心感もあります。

ただ、ディーラーの場合は買い替えのときに利用するものであり、下取り価格は安いものとなっています。その辺はデメリットです。
ディーラーに相談するのは、相場価格の調査と割り切って利用しましょう。
相場は車の世界でもタイミングによってずいぶん変わってきます。
自分の愛車がどの辺の値段をつけられるのか、最低限のお値段を知っておくのにディーラーをまず利用するというのが最初のプロセスとしては有りです。
できれば、複数のディーラーにお願いすると相場をより正確に知ることができるでしょう。

中古買取店を利用して売る方法

中古車専門で買取をしている、中古車買取店を利用すると買取額が高めになる可能性が高くなります。
ディーラーの下取り価格を調査したあとに中古車専門のお店で査定してもらうとほぼ、査定額は上回ってきます。

専門だけあって、国外でのルートを探っての査定をしたりパーツの需要を確認したりと多岐にわたってみてくれます。カスタム車などでも有利に見てくれる場合があります。
ディーラーで愛車が無碍にされたときでも、中古車買取店では買取可能になることがあるのです。

こうした専門店は地域密着のお店もあれば、チェーン店も存在します。
いくつかのお店を見て競合させるのが良いです。
お店によってだいぶ買取額が変わってくるのがわかりますので、手間をかければ高く売ることも可能です。時間がないという人には向かないかもしれません。